ヴァンガード 足りないものリスト 刀剣乱舞編

石切丸 特 あと2枚
鶴丸国永 特 2枚
岩融 1枚
蛍丸 3枚
江雪左文字 特2枚

どこかで売ってないでしょうかね…
札幌では
石切丸 特が1枚
岩融が1枚が
売られていますが、
鶴丸国永特が全くないという…
ネット、でしょうかね…

デッキはもう完成したんで、あとはGユニットを集めるのみです
今日の日中にでも、カードショップを回ってみますか…
なかったら、どうしましょう…
スポンサーサイト

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

とうらぶ 我が本丸事情 3月29日(水)【日記風小説】

彼らの主は、本当に朝に弱い。
今日も、朝に病院に行かなければならなかったのに、目覚まし時計が鳴っているのに、一向に起きる気配がない。
「こういうところは、似ないで欲しかったな…」
主の目覚まし時計が鳴っている同時刻。石切丸は加州清光を起こすのに手こずっていた。
今回は、一期一振も加勢してくれているのだが、全く効力がない。
「ここまで起きないとは……。石切丸さんも、大変ですね…」
対策を練りながら、一期一振は、石切丸の日課を大変に思う。
「実は、加州は、あの鶴丸の驚かす方法でも、全く起きないんだよ…」
苦笑し、お手上げだよ、と両手を軽く上げる。
数多くの弟達を相手にしている一期一振も、苦戦を強いられている。ここまで起きないとは、としか言えないほどに。
「よっ」
二人が真剣に悩み、黙り混んでいると、突然鶴丸国永が背後で大声を出した。
これにはさすがの一期一振も驚きの声を上げた。
「つーるーまーるーっ」
空気を読めとばかりに、石切丸が鶴丸国永の両肩を掴む。
「怒るなよ…。肩に力が入っていたから、緊張を解そうと思っただけだ」
石切丸の本気の怒りを目の当たりにして、鶴丸国永は、内心後悔した。
「全く…。心臓が止まると思ったな…」
「だから、すまなかったって…」
一気に不機嫌になった石切丸に、鶴丸国永は慌てて謝る。
「……仲がいいな…」
それを羨ましそうに、一期一振は眺めていた。

『石切丸がこない…』
主のその言葉に驚いた石切丸。
昼過ぎの出来事だった。
「主、私はもういるのだが…」
『あぁ、違う。そっちの石切丸じゃない』
苦笑した彼らの主が、1枚のカードを見せる。
「それは…?」
『ヴァンガードっていう、カードゲームだよ』
そう言われても、石切丸にはピンとこない。
首を傾げたまま、主の持っているカードを眺める。
『俺達の世界でやってる、札遊びだ。あ、花札とかよりも簡単だが?』
「それはアンタらの感覚だろ? オレは刀で斬ったり突いたりする方が、簡単なんだよ」
「兼定、主の世界では、僕達の世界みたく殺伐としてないよ?」
つまらなさそうに、鼻で笑った和泉守兼定だが、世界の違いを燭台切光忠に指摘され、頭を掻いた。
『ちなみに、想像の世界では、普通に斬ったり突いたりしてるが』
「何…?」
想像の世界、というのが気に入らなかったが、それでも、自分達の世界と同じ事を、現代のカードの世界でもやっている。それだけでも、和泉守兼定の興味が湧いた。
「どうやってだ…? アンタの世界で、オレもかーどとやらになってるのか…?」
『なってるが…。二種類』
「主の作る軸には、入ってないけどねー」
マニキュアを塗りながら、加州清光が主に不利な事を言う。
『いや…入れたかったんだが…』
「何だよ? 正当な理由があんのか?」
和泉守兼定は、自身の主にも容赦がない。
気に食わない事があったら、すぐに刀に手を伸ばす。
『誉ではなく、真剣必殺だったし…』
「ただし、主の彼女に、君が二種類入っていたよ?」
今にも斬りかからんという姿勢の和泉守兼定を、燭台切光忠が慌てて羽交い締めにする。
「んな事ぁ聞いてねえぞ! オレは、オレの主なら、オレも使えってんだ!」
じたばたと暴れる和泉守兼定は、さながら子供のようである。
それを、必死に押さえ込もうとする燭台切光忠は、まるで彼の父親か兄のよう。
「その点、俺は有利だなー」
「加州、それ以上は、火に油を注ぐから、黙っているように」
石切丸に嗜められて、加州清光は返事をする。
その日、和泉守兼定が疲れるまで、彼は本丸で暴れまわった。

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

とうらぶ 我が本丸事情 3月28日(火)【日記風小説】

「4月入る前に、これ、終わるかなー?」
今日回収した分の鍵使って、次々と宝箱を開けていく加州清光。
調査7日目になった途端に、和泉守兼定が張り切り出した。
理由は定かではないが、レベルが鶴丸国永に先を越されたのも一因しているのかもしれない。
「おら。これで何個開けれそうだ?」
集めた鍵を、加州清光の傍に置く。
それを見た彼が、軽く呻いた。
「ざっと見だが、50本はあるだろ」
「宝箱を開けるの必要な鍵は、5本。うん、10個は開くよ」
手際よく鍵を足下へ寄せ、休憩もなく宝箱を開ける。
一見無駄とも見える行為だが、今回の彼らの目標は、宝箱を全て集める事ーー資源の補給である。
加州清光のやっている事は無駄ではない。
依頼札が底をついているので、鍛刀はもうできないが、それでも彼らは、今後の事も考えできるだけ資源に精を出していた。
資源集めの他、彼らにもやる事がある。
一期一振のレベリングだ。
岩融が抜けた時点でレベルは19であり、あまり戦力として期待はできなかった。
だが、それでも、和泉守兼定以外は、根気強く彼に助言したり、弱い敵を倒させてたりしていた。
「しかし…皆さんは何故、私の強化の援護をしてくださるのですか…?」
皆の優しさに戸惑う一期一振が、一行にこう問う。
「私は、弱いからと言って、見捨てたりはしないよ。むしろ君は、私を助けてくれる。何、持ちつ持たれつ、というものだよ」
こう返すは石切丸。
「誰しもが、未熟の時期があったと思うんだ。それを棚に上げて、弱さを責めたりなんて、できないよ」
遠い目をして語るのは、燭台切光忠。
「弱い。そう思うなら、皆を驚かせるぐらい、強くならないか? いつでも協力するぜ」
悪戯を思い付いた子供のように笑みを浮かべて、鶴丸国永は言う。
「はいはーい! 強くなりたいなら、敵には問答無用! 容赦なく斬らなきゃねー」
宝箱を開け終わり、大量の資源を抱えた加州清光が答える。
慌てて加州清光から、少量の資源を、一期一振は抱え込む。
「……ついてこい」
資源を抱え、歩き始めようとした時、和泉守兼定が彼にこう言った。
「はい…?」
「強くなりてーなら、這いずってでもついてきな」
鍔を鳴らし、さっさと和泉守兼定は本丸へ向かって行った。
「あー、あれはねー」
後ろから、加州清光は和泉守兼定の補足を言う。
「無理して抱え込むな。何かあったら、オレが切り込む。お前はその後を行け。って意味だと思うよ?」
「兼定は、口下手で素直ではないからね…」
苦笑して、加州清光から受け取った札の類いを持ちながら、加州清光の補足に頷く。
「いつか私も、皆さんのように…」
「気負うのはいいよ。でもね……」
燭台切光忠が、優しい笑みで続ける。
「それをできなかった時に、自分を責めちゃ、ダメだよ?」
「そーだよ? 俺達、仲間じゃん」
「ーー……はい…!」
今は弱くとも。一期一振は、いつか必ず強くなる事を誓った。



『宝箱の開き具合は…?』
バイトから帰ってきた、彼らの主が、唐突に彼らに声をかける。
「うん、あとこんだけかな…?」



「ね? 結構開けたでしょ?」
『うん。この調子だと、4月始まったら、依頼札探しと、池田屋事件の周回だね』
あと少しの辛抱と思うと、石切丸はホッとした。江戸城や江戸城の城下町を調査するのにも、少しつらく感じていたところなのだ。
『あ、ただ、一期一振のレベリングは必ずするから、完全にオフの日はないかな?』
この言葉に、石切丸はショックを受けた。
第一部隊に、休みはない。

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

FC 新Gガーディアンと新ヒール



アーシャには既に、
レインブレス
ヴェルナ
マルレーナ
というGガーディアンが存在するわけですが、このスキルだと、レインブレスが解雇の危機に
オデットか、アネルマによる開花で、パワーパンプ&コスチェリナの自身のスキルでシールド+15000
となると、攻撃面だけでなく、防御面にも隙がなくなりますね
問題なのは、盤面が埋まっている時、どうするかですかね
G2ならインターセプト後に、Gガーディアン使えばいいんですが、G1をコールしたい時
こうなったら、諦めも肝心ですかね…?
ただ、レインブレスと差別化していきたいですが、僕的に、コスチェリナはレインブレスの上位互換だという感覚なので、表にするのは、レインブレスになっちゃいますかね…


彼らに言いたいことーー
G1捨てて1ドローやないんか…
フェアリーライトが解雇の危機です

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

思い付きは突然に

遊戯王を止める!
と一大決心を決めたバイトの子に、半分冗談のつもりで、ヴァンガードの世界へ誘ってみたところ、激ハマりしてます
彼はグランブルー ナイトローゼ軸でガチ勢になるそうです
プレイマナーとかは悪い人でないので、友人同士だけでなくても、気軽にファイトできそうです
あとは僕が、ちょちょいと細かいルールや制限カードを教えていけば良さそうです
問題は、ガチ組みすると言ってるので、彼の予算ですね…
彼、学生なので多額の金を払わせるわけにも行きませんし…

あと、個人的に、開花連呼するのもいいんですが、勇敢を連呼してみたい気がしてきました
アルトマ勇敢、いいなぁ…
4月から社会人なんで、勇敢に手を出してみようかな…
でもな…
今はネオネク1本と絞っているのに、他クランに手を出すのも憚れる…
さて、どうするか…

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム