とうらぶ 我が本丸事情 4月22日(土)【日記風小説】

「玉集め、進んでるー?」
遠征帰りの加州清光に言われた、第一部隊の面々は、和泉守兼定以外は苦笑を返すのに精一杯だった。
落とし穴に嵌まったり、爆風で刀装が吹き飛んだり、通称【まがまが】と呼ばれる強敵の槍に出会したり。結構散々な目に遭っている。
「うまくはいってるぜ? 散々な目に遭っているけどな」
気だるそうに言う和泉守兼定。そんな彼に、加州清光は小判の入った箱を一つ手渡す。
「ごめん。そんななのに、これしか持ってこれなかった」
「加州君が悪いわけではありません」
落ち込む加州清光に、一期一振が優しく声をかける。
「そうだね。好戦的な加州君が、率先して遠征に行っているのだから」
加州清光の横で、同じく遠征組にまわった燭台切光忠が笑顔で言う。
「遠征は順調か…。ならば、我らはもっと励まねば」
岩融同様、敵の殲滅を第一にしている石切丸の顔色が引き締まる。
「でさー。今どれだけ貯まってるのー?」
玉を入れる箱を指差して、加州清光は見せるようにせがむ。
「見てみるか? 驚くぜ?」
鶴丸国永にそう言われ、加州清光ははしゃぎ出す。

「凄いじゃん! あと2000で、小烏丸に会えるかも?」
「あぁ。もう一踏ん張りだ」
楽しそうに会話する鶴丸国永と加州清光。
それを、和泉守兼定は遠くから眺めていた。
「ーー…オレも、遠征組にまわされんのかねぇ…」
レベルがカンストされた加州清光は今、遠征組にまわっている。そして今、今度は自分(和泉守兼定)がカンストした。明日は我が身、と思うと、嫌気がさす。
強き者を求め、いつでも強敵と戦いたい。遠征なんて生温いものは御免だ。そう、和泉守兼定は思っている。
「そうはならんだろうな」
和泉守兼定の足下で寝転んでいた岩融が口を開く。
「あれは、加州清光の判断ではないか。お前が前線に立ちたいなら、今の主にそう言えばいい」
「けどよ…」
ここまで言いかけたが、岩融の言う通りだった。
遠征のメンバーに選ばれているのは、レベルは上げたいが、前線に立てない者が多い。その者を束ねるのが、実戦経験豊富な岩融、鶴丸国永、加州清光の3人である。その3人も、自分の意思で、遠征組にまわっている。
「オレは……カンストしても、前線に立つ。常に強さを求めて」
「ガハハハハハ! その心意気やよし! このイベントが終わったら、主と相談するといい」
そう言って立ち上がり、石切丸と三日月宗近の方へと、岩融は歩き出した。
その背を見て、和泉守兼定は「デカイ器だな…」と、誰となく呟いた。
五万の壁を越えるため、一同は力を合わせる。
スポンサーサイト

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

とうらぶ 我が本丸事情 4月19日(水)【日記風小説】

玉集めまで、一週間が過ぎた
強敵相手に善戦していた和泉守兼定は、本丸に帰って来るなり、その場に座り込んでしまった。
「このペースで、あと何個だ…?」
「あと2万は必要になるかと」
「っつーワケは」
冷静に、玉の数を数えている一期一振を横目に、和泉守兼定はため息を吐いた。
「あと6日で、2万も溜められるのかよ」
「そのための遠征だろー?」
和泉守兼定の背後で、小判の入った箱を抱えて、仁王立ちで立っていた、加州清光が口を開く。
「加州君、その箱は…?」
「遠征先で見つけた小判の箱。これで小判補充して、通行手形に変換して、里に行けばいいんだよ」
得意気になって言う加州清光。
彼の持ってきたい小判箱には、700枚の小判が入っていた。
「……で?」
「だーかーらー、俺らが小判集めてくるから、実戦組は、実戦でバンバン玉を貯めればいいんだって」
疲れている和泉守兼定は、言葉を短く言う事しかできずにいる。
それに見兼ねた一期一振が、彼に代わって加州清光と向き合う。
「なるほど…。加州君達、遠征の面の達が遠征で小判を集め、それを使って、我々が里で玉を集めれば…!」
「後は、時間と日数との勝負だね…」
「なら、午前中と午後に配布される、無料の通行手形は、即使ってしまわねば」
各々、作戦会議をする。
その横で、和泉守兼定はいつの間にか眠ってしまっていた。
「休ませてやろうではないか」
会議中、和泉守兼定の様子を見ていた石切丸が、彼を起こそうとすると、岩融がそれを制した。
「あやつは頑張って、先陣を切っている。休ませてやろうぞ」
「……あぁ。そうしよう」
結果の報告は、彼が起きてから。
そう決めた一同は、作戦会議を続行させた。

五万の玉集めの試練は、まだまだ続く。

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

刀剣乱舞 誉+二刀開眼軸

色々使ってきて、ネオネクタールの次にしっくりきたクラン(?)です

G3
4鶴丸国永
3燭台切光忠

G2
3大和守安定 特
4和泉守兼定 特
4同田貫正国 特
1鳴狐 特

G1
4堀川国広 特
2骨喰藤四郎 特
3今剣
1加州清光 特
4江雪左文字

G0
FV(1)加州清光
4薬研藤四郎
2前田藤四郎
4今剣 特
2愛染国俊
2五虎退
2厚藤四郎

G4
4蛍丸
2岩融
2石切丸 特
2鶴丸国永 特
1三日月宗近 特
1三日月宗近
3江雪左文字 特
1数珠丸恒次

兼定特と堀川特のラインが出来上がると高火力が出せるのが見所
そのために、☆を多目に積んであります
愛染君は…蛍丸に超越した時にいてくれればいい程度です
メインは☆です
引は、とにかく兼定特や鶴丸国永、今剣などなど、手元に持ってきたい場面が多いので、4積みしてます

とりあえず言いたいのは
兼定特と堀川特が揃ったら、オレのターン! って事です、ハイ

以上
前の記事と合わせた、メインはネオネクタール・アーシャ軸、サブが刀剣乱舞・誉+二刀開眼
のデッキ構築(改良含む)の紹介でしたー

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

ネオネク ラナンキュラス軸(改良中)


G3
4胸焦がすラナンキュラス アーシャ
3ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

G2
4佳花の乙女 アネルマ
4頑強の乙女 ノエル
4理想の乙女 トゥーリア

G1
4純潔の乙女 カトリーナ
3開墾の戦乙女 パドミニ
3信頼の乙女 オデット
4フラワーキーパー・ドラゴン

G0
FV(1)萌しの乙女 イーダ
4花園の乙女 マイリス
2メイデン・オブ・ゼフィランサス
4メイデン・オブ・デイブレイク
2青薔薇の銃士 エルンスト
4フェアリーライト・ドラゴン

G4
4経世の花乙姫 セルフィーナ
2薫風の花乙姫 イルマタル
1冬麗の花乙姫 インベルノ
1信念の花乙姫 セリーヌ
3夢紡ぐラナンキュラス アーシャ
1咲き誇るラナンキュラス アーシャ
2秋景の花乙姫 ヴェルナ
1時計草の花乙姫 マルレーナ
1聖樹竜 レインブレス・ドラゴン

5月14日のみにヴぁんが祭には、治トリガーが4枚変更するのは確定です
そして、ヴェルナの1枠にコスチェリナを入れて、GB8のGユニットをセリーヌの枠に入れる予定です
もちろん、カトリーナ3、オデット4に変更もします
その他は、この通り、変更する事はないかと
引トリガーも良かったのですが、攻撃性を上げ、☆引いても醒引いても、1ライン残してVアタックで、☆ならアタックしていない列に、醒ならレストしたユニットに、それぞれ振れば、相手にプレッシャーを与えられるだろうと判断
G環境とは言え、速攻に決めに来る相手(クラン)は数多くいますし

とりあえず、Gゾーンはみにヴぁんが祭での試運転で様子見です
ただ、この構築で、結構勝てるんですよねー
マナーの悪いファイターが、余計なルールを押し付けてこなければ、が大前提ですが

はい、次はサブの刀剣乱舞デッキにいきまーす

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

刀剣乱舞とネオネクタール達

最近は、アーシャたん、銃士、刀剣乱舞(誉+二刀開眼軸)を愛用してます

日付変わったので一昨日(4月15日)ですね
ヴァンガードファイター成り立ての、仕事先の後輩と、ファイトしてきました

遊戯王やシャドバといった、カードゲームに精通していただけあって、グランブルー(ナイトローゼ軸)を、華麗に操ってました
うまくゲーム運びを行うので、こっちが手加減してあげてファイトが成立する、なんて生温い事はできません
真剣勝負、白熱のファイトで、こちらもいい経験ができています

単純に、ドロップゾーンの使い方が上手いです
亡霊持ちの、どのユニットを落とせばいいとか、もう飲み込んでます
あと、その場その場で、何をスペコすればいいとか、1度経験したら、すぐ適格な判断をしてきます

これは僕も、うかうかしてられないです…(苦笑)

ですが、場所が悪かったです…
色々とお互いに考えながらファイトしていたら、大会で優勝した(と自称していた)人に、後輩が馬鹿にされ、誹謗中傷を、大衆の前で言われてしまいまして
初めは、大人の対応として、やんわりと「始めたばかりのファイターなんで、みんなで温かい目で見守って、優しくファイトしませんか?」と言って見たのですが、その人が「雑魚の相手をしてるから、ナメた事が言えるんだ。悔しかったら、俺をファイトで負かしてみろ」と豪語したので、とりあえず、周りで様子を伺っているも他のファイターさんに、店員さんに、この事を説明するようにお願いし、後輩を守ってもらいました
勿論、自称優勝者の方から、「どんな雑魚のデッキ使うんだ? 雑魚女」との挑発を受けましたが、これを笑顔でスルーしてファイトしました

えぇ
初回超越のセルフィーナのトリプルドライブで、☆トリガー3枚引いて、瞬殺してやりましたとも

暴言、罵詈雑言、誹謗中傷の言葉は、アニメの世界だから、多少は許されるんです
それでも、完全に許されるものではありません
羽島リンも、似たような感じですが、あれは、アニメだからうけるようなものであって、現実世界では、やってはいけない行為なんです

という話を、後輩を守ってくれた快いファイターさん方と話してました
そこから交流会が始まり、後輩とグランブルー(ナイトローゼ軸)で、ミラーマッチしてくださったり、色々僕ができなかったアドバイスまでしてくださいました

世の中は捨てたもんじゃないな
と、少し思った、ヨハネでした

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム