とうらぶ 我が本丸事情 5月14日(日)【日記風小説】

彼らは、彼らの主の都合で、函館に来ている。
ここは、和泉守兼定にとっては、因縁深い場所である。
「……いいのか? あいつを放っておいて」
一人遠くを見ている和泉守兼定を見て、薬研藤四郎は、石切丸達に問う。
「うーん…さすがに、放ってはおけないが…」
「止めといた方がいいよ…? あいつ、そういうのに関して、デリケートだからさ」
石切丸が一歩踏み出したところで、背後から、加州清光が止める。
その声色に対して、表情は険しい。
「ですが、このまま放っておいても…」
「じゃあさ」
納得のいかない一期一振が言葉を発するも、それを途中で、加州清光が制す。
「あいつの事は、俺が相手するからさ。みんなは口出ししないでくれる?」
面倒臭そうに言うが、どうやら和泉守兼定の相手をするのが面倒なのではなく、部外者なのに彼をフォローしようとする石切丸達に対して、面倒に思っているようだ。
「新撰組には、新撰組の事情があるんだね?」
「そういう事」
燭台切光忠の問いに、加州清光は即答する。
「まー、俺が何とかするからさ。みんなは蛍丸のレベリングに付き合っててよ」
それだけ言い残し、加州清光は和泉守兼定の近くへ歩き出した。

「泣いてんの? らしくないね」
「泣いてねーよ」
五稜郭を遠くに見ながら、加州清光の軽い挑発に、振り向きもせずに返す。
「じゃあさ、どーして目が潤んでる?」
「うるせーよ」
今度は俯いて返す。
「兼定。意外とあんたってさ、前の主の事、慕ってたんだね」
「慕ってた、かどうかは、わかんねーけどよ」
目を擦りながら、和泉守兼定は続ける。
「だけど……悪くはなかった。戦えた、大事にしてくれた、最期も……」
「だから、涙するんだね……」
言葉にならず、必死に声を殺して泣く和泉守兼定の隣に立って、加州清光が呟く。
「俺はさー。最期の瞬間まで、いられなかったからさ。そうやってあんたが涙してるの見ると、羨ましいんだよね」
「……最期まで、共にいられるってのは、ツラい時もあるっつーの……」
「そう…? 俺は一緒にいられなかったから、最期まで、一緒に戦いたかったってのが、あるんだけど?」
「……壮絶だったな……」
涙で視界がぼけやている中で、もう一度、和泉守兼定は、五稜郭を見る。
「いつか……この記憶が、苦しいものから過去の記憶として、変わったらーー」
涙が頬を伝う。それでも、和泉守兼定は五稜郭を真っ直ぐ見ている。
「もう一度、ここに来て、前の主に、自慢しに来る。オレは今、幸せだってな……」
「それまで泣いてなよ。みんなには、黙っておくからさ」
珍しく真剣になって言った加州清光の言葉に、和泉守兼定は鼻で笑う。
「お前の前でも、もう泣くかよ」
そう言いつつも、和泉守兼定は加州清光の隣で少しだけ泣いたのは、言うまでもない。
スポンサーサイト

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

ネオネク ラナンキュラス軸(改良中)2


G3
4胸焦がすラナンキュラス アーシャ
3ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

G2
4佳花の乙女 アネルマ
4頑強の乙女 ノエル
4理想の乙女 トゥーリア

G1
3純潔の乙女 カトリーナ
3開墾の戦乙女 パドミニ
4信頼の乙女 オデット
4フラワーキーパー・ドラゴン

G0
FV(1)桃園の乙女 エルミ
4花園の乙女 マイリス
2メイデン・オブ・ゼフィランサス
4メイデン・オブ・デイブレイク
2モンキーポッド・ドラゴン
4チェリー&ブロッサム

G4
3経世の花乙姫 セルフィーナ
2薫風の花乙姫 イルマタル
1冬麗の花乙姫 インベルノ
1真心の花乙姫 リンドロース・プレミア
3夢紡ぐラナンキュラス アーシャ
1咲き誇るラナンキュラス アーシャ
1秋景の花乙姫 ヴェルナ
1桜桃の花乙姫 コスチェリナ
1時計草の花乙姫 マルレーナ
1聖樹竜 レインブレス・ドラゴン

今一番の問題点
リンドロースでコールされた開花持ちのパンプ処理
開花が10回発動するのですが…
アネルマを3体コールした時、端数が出るんですよね
これって繰り上げなのか繰り下げなのか…
ノエルとオデットは、端数が出ないのですが、問題はアネルマです
同じ開花持ちで、同名に2000パンプのグリーンショットの方がいいのか悪いのか…
こういう時に、カトリーナがG1である事が悔やまれる…

あ、ドローを積んでいるのは、胸アーシャたんの超越スキルで、意外とソウルが食うので、その補助と、1ドローのアド稼ぎ要員です
ダメトリで落ちてくれて、結構アド稼ぎになってくれてます

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

みにヴぁんが祭での反省

みにヴぁんが祭が終わってから大分経ちますが、反省をば

はい
開花アーシャで惨敗しました
今回も、あと3勝届かず、クランリーダーになれませんでした

開花アーシャを使うと5連敗し、銃士に切り替えて、4連勝をしてG2までなるも、時間切れでした…

あれですかね…
アーシャを使わず、銃士を使えって事なんでしょうかね…?
アーシャでも、セルフィーナがいるので、ある程度展開してもいいんですが(むしろワンライン展開しないと大変)、銃士みたく、速攻ができる軸でないと、勝てないんでしょうかね…?
いや、アーシャで事故る確率が高いのが問題なんでしょうか…?

みにヴぁんが祭のクランリーダー戦で、よくあったのは
・G2に乗れない
・アーシャに乗ったのはいいものの、超越できない(手札が治以外のトリガーばっか)
・初回超越はできるが、2回目以降の超越ができない(手札が治以外のトリガーばっか)
という現象
パドミニを4にして、再度調整するか、このままでいくか
もういっそ、銃士をGユニットを工夫してメインに据えるか…

とりあえず、結論は、アーシャが答えてくれない
という事と
銃士が答えてくれる
という事ですかね

給料入って、仕事が休みなら、銃士を強化するために、Gユニットでも買って来ましょうかね
いちいちアーシャと銃士のGユニットを入れ換えるのが、面倒になってきました…

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

とうらぶ 我が本丸事情 5月7日(日)【日記風小説】

己の士道が見つからない。
そう、和泉守兼定は悩み続けていた。
「オレは、何を守ればいいんだ……」
そう言って、本丸に籠って早一週間が過ぎている。
「兼定ー。いるー?」
いると解っていて、加州清光は返事を待たずに、襖を開ける。
「んだよ。オレ無しでも、大阪城はもう任務も地下潜るのも、終わってるだろーが」
思考を遮られ、不機嫌に答える和泉守兼定だが、加州清光は動じない。
「池田屋事件の周回。主からだよ」
「はあ?池田屋ぁ…?」
居住まいを正し、加州清光に向き直る。
「池田屋事件の、三条大橋ってとこ。周回して、明石国行を捕まえてこいってさ」
「あの場所は、短刀脇差が強い場所だろ? オレら打刀の出番じゃねーって」
言って寝転ぶ和泉守兼定だったが、その頭元に、加州清光は立つ。
「短刀脇差で強いのは、鯰尾と薬研だけだよ。だから、そこ周回するには、カンストした俺とアンタがいないと、ボスまで辿り着けないんだけど?」
言われて、和泉守兼定は、寝ながら加州清光を見上げる。
「……先陣切って、味方の被害を減らせってか…?」
「そう言う事。本来なら、蛍丸も同伴させたいらしいんだけど、蛍丸のレベル、低いんだよねー」
「その状態で、明石を探せってか…? 無理難題言うぜ…」
言って、立ち上がる和泉守兼定。
言うほど、難しそうな顔をしておらず、むしろ楽しそうである。
「蛍丸のレベリングが完了するまで、俺もメンバーにいるしさ」
「へえへえ。やるよやりますよ」
手をヒラヒラさせて、和泉守兼定は部屋を後にする。
「ーー……こうやって、身体動かして戦ってた方が、あいつらしいんだよね」
上手く和泉守兼定を動かせて、加州清光は大満足だった。

「遅いぜ。なーにしてたんだよ」
「ワリィ…迷った……」
加州清光が合流する前に部屋を出た和泉守兼定は、物凄く迷ってしまっていた。
たかだか階段を数階下りればいいだけ。そう考えていたのが間違いであった。
大阪城を乗っ取った彼らであったが、その間、和泉守兼定は寝ており、寝ている間、岩融が彼を運んで、彼の世話は堀川国広がやっていた。
故に、和泉守兼定自身は、1歩も部屋から出た事がないのであった。
「かねさださん、しっかりしてくださいよー。これから、ぼくたちのリーダーなんですから」
頬を膨らまして、怒る今剣。そんな彼に、和泉守兼定は悪びれもなく「ワリィワリィ」と返す。
「そんな事より、早く行こう……」
痺れを切らした小夜左文字が、一行を急かす。
が、それを薬研藤四郎が止める。
「待て。まだ、鯰尾が来ていない」
「今度は鯰尾か……」
待ち疲れたと言わんばかりに、小夜左文字が肩を落とす。
「やっぱりさー」
本丸を見上げて、加州清光は呟く。
「大阪城乗っ取ったのが、まずかったのかもねー」
「大将が気に入ってるんだ。俺らは慣れるしかない」
「それは同感。慣れるっきゃねえな」
加州清光の呟きに、薬研藤四郎と和泉守兼定が、彼と同じく本丸を見上げて返す。
鯰尾藤四郎が合流したのは、夕方になってからだったとか。

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

ネオネクあれこれ9



今日のカードは、5月12日(金)発売の「ファイターズコレクション2017」より、《ネオネクタール》のGB8を持つGユニット「真心の花乙姫 リンドロース・プレミア」をご紹介。

「真心の花乙姫 リンドロース・プレミア」は、アタック回数を増やしつつ、味方と自身を超強化するGユニット。
GB8を達成しヴァンガードにアタックした時、ドロップゾーンからノーマルユニット3枚を山札に戻しつつ、味方リアガード1体を選び、その同名ユニットを3体までリアガードサークルにコール!
さらに、コールしたユニット1体につき、自身とコールしたユニットのパワーを+10000!! 3体コールすれば、自身とコールしたユニットのパワーは+30000となる!
また、「リンドロース・プレミア」の能力は同時コールなので【開花(ブルーム)】能力を持つユニットをコールすれば、最低でも9回【開花】が発動する。「純潔の乙女 カトリーナ」や「佳花の乙女 アネルマ」など、強力な【開花】持ちユニットをコールして、総攻撃を仕掛けよう。

とまぁ、こんな感じで出ましたね、ネオネクのGB8ユニット
Gガーディアンと比べると、効果がいまいちと言わずを得ない
ユニット1枚は少ないです
そしてコールする枚数も3枚と控えめ
ただ、開花が最低9回発動するのはいい感じですね
プリマヴェーラ、ベラーノの時の裁定では同時コールでは開花は誘発しない、との開発局からの返事をいただいたのですが
この裁定でいきますと、プリマヴェーラ、ベラーノ、プレミアの同時コールで開花が誘発するので、アネルマ、カトリーナのみならず、オデット、ノエルを選択する選択肢もありますね

僕のオススメは、アネルマとノエルでしょうか
同時コールで開花発動可ならば、アネルマを後列に出しても、開花でブーストを得るので、アネルマを縦列に並んでも、問題ないですし
ノエルならば、手札次第ですが、後列からアタックできますし、パワーも+30000に開花のパワーアップもあるので、詰めの局面での、プレミアは使い方、コールしたいユニットを1枚でもリアにコールしてさえいれば、効果の控えめさがそんなに気にならないかもしれません

久し振りの、ネオネクの記事でした

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム