スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうらぶ 我が本丸事情 7月24日(月)【日記風小説】

「新情報ー」
いつもの通り、軽い口調で、加州清光は大部屋に入る。
「何だ何だ? 今度はどんな驚きを持ってきたんだ?」
楽しみにしていたと言わんばかりに、鶴丸国永が加州清光に尋ねる。
「新刀剣男士は短刀でね、名は、毛利藤四郎だってさー」
「毛利、ですか……」
加州清光の発表に、一期一振が一番に反応した。
「確か、豊臣秀吉に渡って磨り上げられる前は、毛利家にいたんだったよね」
そんな一期一振に、石切丸がこう尋ねると、一期一振は複雑そうな表情で頷いた。
「うーん……一期がこんな反応するんだったら、後藤藤四郎だけ、捜そうか?」
「いえ、後藤藤四郎も、毛利藤四郎も、一緒に捜しましょう」
加州清光のこの提案に、一期一振は否定して、この本丸にはいない、後藤藤四郎と、新刀剣男士の毛利藤四郎も捜す事を提案する。
「それは構わないが、その二振りは短刀だな……」
「あー……また何十周するハメになるのか……」
巴形薙刀の指摘に、和泉守兼定が不満を漏らす。
前回、彼は岩融と共に、短刀のレベリングに付き合いながら、後藤藤四郎を捜し回っていたのだ。それも、何十周も。
短刀脇差難民になりつつあるこの本丸で、果たして見つかるのか。一同は皆不安がった。
「……まぁ、とりあえずは捜してみようぜ?」
ダメ元で。そう提案したのは薬研藤四郎。
「俺は構わん。薙刀のレベリングが必要だと、主が言っていたからな」
大阪城がいいレベリングになる。そう言って苦言を呈さない巴形薙刀。
「んじゃ、後藤藤四郎と毛利藤四郎は、一期と巴に頑張ってもらおっか」
遠征組に回っている加州清光が、明るい口調で締めようとする。
「ちょっと、いいかな?」
思い出したように言う石切丸。
彼には何か思う節があるようだ。
「巴形はレベリングが必要だと言うのも解る。一期一振も後藤藤四郎と毛利藤四郎捜しに必要なのも解る。だが、他のメンバーは…?」
「その心配は無用よ!」
元気よく答えたのは岩融。
「巴形、一期、俺、あとはレベリングが必要な太鼓鐘と明石。大阪城ならば、小判を大量に見つけてくる博多藤四郎になるだろう」
「うん。もうメンバーは決定だね。それなら、私は文句はないよ」
心配事が減った石切丸は、安堵の表情を浮かべる。
「よっし。なら、明日からは大阪城だと思うから、みんなで頑張ろー」
遠征組は資源集め。レベリング組はレベリング。そう役割分担をして、各々散っていった。
スポンサーサイト

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

ネオネク 銃士(改良中)

G3
白百合の銃士 セシリア4
白詰草の銃士 ミア・リータ2

G2
桜の銃士 アウグスト4
夢見草の銃士 テッサ3
鈴蘭の銃士 カイヴァント2
パンジーの銃士 シルヴィア3
白薔薇の銃士 アルベルト2

G1
タンポポの銃士 ミルッカ4
赤薔薇の銃士 アントニオ4
鈴蘭の銃士 レベッカ1
睡蓮の銃士 ルース1
アマリリスの銃士 タチアナ3

G0
瑠璃唐草の銃士 マイ・レン1
月下美人の銃士 ダニエル4
フリージアの銃士 ロザリア4
梔子の銃士 アラン4
青薔薇の銃士 エルンスト4

G4
姫小百合の精華銃士 マイラ4
白百合の銃士隊長 セシリア4
夢紡ぐラナンキュラス アーシャ2
常夏の花乙姫 ベラーノ2
経世の花乙姫 セルフィーナ2
立春の花乙姫 プリマヴェーラ1
真心の花乙姫 リンドロース・プレミア1

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

chouchou VS ラナンキュラス(開花)

この動画のファイターのプレイマナーについて、賛否両論別れるが、このファイター達のプレイ動画が好きです
半引退してますが、こういう動画は、見るのは止めないでいます

chouchou、使うの難しそうですね…
構築もそうですが、効果処理も大変そう…
これなら、従来のバウンス起点によるコールやパンプの方が、驚異かもしれません

ラナンキュラス(開花)
G2、G1の構築は、好みに別れますね
ニコラ派がいれば、マルユッカラウニ派もいますし
まぁ、ネオネクタールの環境は、マルユッカラウニなんですが
そこを何時か、ぶっ壊してやりたかったのですが、思うようにいかないのが現実
今は観戦のみで楽しんでます

https://youtu.be/BD-22N4X_1E

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

とうらぶ 我が本丸事情 7月7日(金)【日記風小説】

「みんな、ちょっといいかな…?」
いつもと様子が違う燭台切光忠が、神妙な面持ちで、大部屋で涼んでいる第一部隊と第三部隊の面々に、そう切り出した。
「実はーー」
「皆まで言うな。太鼓鐘貞宗の事だろう?」
燭台切光忠の言葉を遮り、鶴丸国永が口を割る。
「俺も、概ね気になっていたんだ」
「鶴さんもか…」
伊達組。そう括られている燭台切光忠と鶴丸国永にとっては、この太鼓鐘貞宗の存在が、どうしても気になるようだ。
「んで? 太鼓鐘なんちゃらがどーしたよ」
暑さでうだっている和泉守兼定が、面倒そうに彼らに問う。
「うん。単刀直入に言うよ。貞ちゃんーー太鼓鐘貞宗を捜して欲しいんだ」
言い淀んでいた燭台切光忠が、はっきりとした口調で、皆に頼み込む。
「俺からも頼むよ。貞宗なら、いい驚きを提供してくれるからな」
鶴丸国永は相変わらずの提案だが、それを抜きにして、燭台切光忠と共に、頭を下げる。
「捜すのは構わない。が」
大部屋の真ん中で、一人顔色を変えないで聞いていた石切丸が、目を閉じたままでこう告げる。
「この本丸は、短刀脇差の類いが出にくい本丸だ。見つけるのに、かなり苦労するだろう」
「確かにな…。大将が浦島虎徹だけ、鍛刀で出てこないと言っている」
難色を示す石切丸に、薬研藤四郎が補足する。
我が本丸は、本当に浦島虎徹だけが、鍛刀で出てこない。鍛刀で出てくる刀剣で、唯一出ていないのが、浦島虎徹なのだ。
「それは…! 覚悟しているよ」
それでも、と燭台切光忠は頼むのを止めない。
「……ならば、こうしないか…?」
一同より少し離れた所に控えていた巴形薙刀が、徐に口を開いた。
「太鼓鐘貞宗を捜索する面子は、燭台切光忠と鶴丸国永を中心に、俺、蛍丸、三日月宗近、石切丸。他は遠征組と極短刀組に回る。これでどうだ…?」
この巴形薙刀の提案に、一同は少し沈黙をした。
一番先に声を発したのは、加州清光だった。
「俺は賛成ー。言い出しっぺが捜索に出るなら、文句ないしね」
次に声を発したのは、和泉守兼定。
「俺は短刀組だ。元から文句はねえよ」
極になった短刀達も、太鼓鐘貞宗捜索の者が頑張るなら、それでいいようで、和泉守兼定の言葉に頷いている。
「俺と宗近、巴のレベリングがてらに、太鼓鐘貞宗の捜索だね? それならいいよ」
「うん。よきかなよきかな」
蛍丸と三日月宗近も、特段反論はないようだ。
「……解った。そうとなれば、励もうか」
反論するものが、誰一人いない事を確認した石切丸がようやく諾と言う。
「なら、すぐに行動に移してもらっていいかい? 早く貞ちゃんを見つけたいんだ」
太鼓鐘貞宗は、ステージ難易度が高い、7-2で、ごく稀に見つかる。
だが、この7面は、刀装がすぐ剥がされ、重傷を負いやすいステージなのだ。
今のメンバーのレベルでも、簡単には周回させてくれない。
「慌てるな、光坊」
居ても立ってもいられない燭台切光忠を、鶴丸国永が抑える。
「この炎天下の下で捜し回るのは得策じゃあない。涼しくなったらな?」
30度越えの外を指差し、鶴丸国永は苦笑する。
真夏日の中、外に飛び出そうとしているのは、燭台切光忠だけであった。

15時過ぎ。
ようやく涼しくなった頃、太鼓鐘貞宗捜索隊が動き出した。
「さぁて、光坊が熱望している、貞宗を捜しに行くか」
軽く準備運動をし終えた鶴丸国永が、先陣を切る。
「本当にごめんね……。でも、どうしても、貞ちゃんを見つけたいんだ」
申し訳なさそうに言う燭台切光忠。
そんな彼に、三日月宗近が笑顔で肩を叩く。
「何。困った時は、お互い様だ。捜し人、いやこの場合は捜し刀か。見つかるといいな」
「物欲センサーには、気を付けないとね」
索敵をしながら、蛍丸は楽しそうにそう言う。
「さて、偵察結果は如何に」
石切丸の隣で、涼しい顔をしている巴形薙刀。
それに、石切丸は苦笑する。
「君は、冷静なんだね」
「俺の錬度を上げるために、ここに来ているのだろう? 捜し物ならば、その次に出てくる」
巴形薙刀は、冷静を通り越して淡白なのか。石切丸はこう思ったが、敢えて口にしなかった。
2周目。2回目のボスをあっさり撃破した時。
燭台切光忠の前に、念願の『彼』が姿を現した。
「さ、貞ちゃん…!」
「よう、みっちゃん! 待ってたぜ!」
その光景を見て、鶴丸国永が驚きとも喜びとも取れる表情をした。

「短刀脇差の類いは、見つかりにくいはずなんだがね……」
「ま、こんな事もあっていいんじゃない?」
喜びに沸く伊達組を見て、石切丸と蛍丸は微笑ましそうに見つめていた。
「さて……これで主の本丸は、短刀脇差の難民から抜け出せるのではないか…?」
巴形薙刀がそう言ったが、石切丸は苦笑したまま、これを否定した。
「当分、物欲センサーに引っ掛かって、短刀脇差は来ないだろうね。太鼓鐘貞宗が来たのは、彼らの努力があったからじゃないかな?」

彼らの主が、浦島虎徹難民から脱していないのは、言うまでもない。

テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE- - ジャンル : ゲーム

半引退宣言

ヴァンガード、半引退宣言をします

理由は、札幌には、やる環境がない事
現在、就活中というのもあり、全くヴァンガードがやれていない状況、というのも1つの理由ですが…

就活が無事に終わっても、この状況は打開できないでしょう
周りの友達も、ヴァンガードから遊戯王に移転してしまっている今、自分一人でヴァンガードを続ける意義もないですし、そもそもマナーのなっていないファイターと遭遇する確率の高い札幌で、とてもヴァンガードをやる気にはなりません

多分、イベントには顔を出すかもしれません
ヴァンガードファイターではなく、コレクターに戻るだけだと思いますので

これに先立って、ブログの名称を少し変えます
ヴァンガードがメインではなく、刀剣乱舞がメインです
ヴァンガードで気になるユニットが出たら、そちらも載せるかもしれませんが、あまり期待できませんが…

デッキの方ですが、ネオネクタール以外、どうしようか悩んでます
とりあえず、ネオネクタールは確定で持っていますが、他のクランのデッキは、どうなるか不明です

テーマ : カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。